福島県 K様邸 No.91

店舗から住宅に一新。 LDは自然光あふれる広い空間に。

-キッチンは対面式にし、LDとひと続きに。床の段差も解消して-

長年続けてきたお店を閉めた後、夫婦でのんびり暮らしたい、と思いリフォーム。店舗だった部分には大きな窓を設けて明るいLDに。キッチンもオープンにし、広々とした大空間を実現しました。既存のガラスブロックからも光が入り、とても明るい家になりました。

 

リフォームの見どころ

  • 戸建て
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
建物種別 戸建て リフォーム
部分
リビング・ダイニング/キッチン/洗面室/バスルーム/廊下/トイレ
築年数 25年 構造 鉄骨造 工事面積 100.07m2
工期 120日 建築形態 持家共同建 費用 1,100万円

間取り

間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 店舗スペースを中心にリフォームする計画を立てていた。
  • 東日本大震災のときバスルームにダメージを受けたため。
  • 窓を大きく取り、採光が十分入る住まいにしたい。室内から外の気配が感じられ、外からは室内の様子がわからないようにしたい。

こだわりストーリー

LD

採光を取り入れることを第一に設計。外から中の様子がわからないようプライバシーにも配慮しました。

以前、店舗併用住宅だったK様邸は、居住スペースが暗く、日中でも灯りを付ける必要があったそうです。今回のリフォームでは、採光を取り入れることを第一に考え、明るくて広いLDを設計。通りに面しているため人通りも多いので、外から中がわからないようプライバシーを配慮しながら開口部の大きさや高さなどを決めました。希望どおりの明るく広いLDになり、とても喜ばれています。

リフォームを終えて

担当者のコメント

窓の大きさや高さ、デザイン性を考慮しました。

福島支店

今回の設計のポイントは、複層サッシの大きさと高さを工夫したことです。南側の開口部は通りに面しているため防音にも配慮し、西側の縦長の3枚窓は採光だけでなく、外観とマッチするシンプルモダンなデザインに仕上げました。

お客様のコメント

明るいLDはわが家の自慢。ご近所の方にも
褒め言葉をいただきました。

外の通りに面している上、窓を大きく取ったので、本当に明るいLDになりました。以前うちのお店にいらしていたお客様が通りがかったらすぐ顔がわかるし、ご近所の方から「こんな素敵な家はこの辺りにはないわ」と褒め言葉をいただいて嬉しいですね。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP