札幌市 M様邸 No.40

旧家の品格を漂わせる和モダンの家

-木質感あふれる室内。気密性の求められる寒冷地で、障子も実現-

母が住んでいたマンションに、夫婦二人で暮らすことになり、リフォームを計画。
設備が老朽化し、間取りも住みにくかったので、好みに合わせて大改造しました。
こだわった窓や床が実現し、本州の旧家のような仕上がりに満足しています。

 

リフォームの見どころ

  • マンション
  • 自然素材・木質感
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
  • 洗面室/バスルーム/トイレ
  • 和室/子供部屋/寝室
  • 玄関/ホール
建物種別 マンション リフォーム
部分
LDK/寝室/和室/バスルーム/洗面室/トイレ/廊下/玄関
築年数 25年 構造 鉄骨鉄筋コンクリート造 工事面積 93.21m2
工期 40日 建築形態 マンション 費用 1,480万円

間取り

間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • お母様がお住みだったマンションに、子世帯のご夫婦がお二人で暮らすことに。
  • 設備が老朽化し、玄関や廊下が狭く、間取りも使いにくかった。
  • 木にこだわりをお持ちで、当社HPでご覧になった旧家のリフォーム例を気に入られた。

リフォームを終えて

担当者のコメント

壁を撤去して広々と。家中の段差を解消し、なぐり調の床、障子の折戸などで、旧家の雰囲気を出しました。

札幌支店

寒冷地のため気密性が重要ですが、折り方に工夫した障子の折戸で気密性を保持。暖かい季節には全面開放できて快適です。インテリアは渋くなりすぎないように、アクセントに赤を使用。住友林業オリジナルのなぐり調の床材、木の使い方もお気に召され、うれしいですね。

お客様のコメント

マンションなのに旧家の雰囲気になり、しかもモダンで感激。障子の窓、なぐり調の床が、特に素敵ですね。

まるで戸建ての旧家のように仕上がり、しかもモダンで、イメージどおりです。カーテン嫌いの私に提案してくださった折戸の障子と、なぐり調の床が、夫婦そろって大のお気に入り。広く明るくなり、お客様からは「リフォームでここまで変えられるのね」と驚かれています。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP