2016年11月より、国土交通省の「住宅ストック循環支援事業」が始まりました リフォーム最新ニュース エコリフォームすると補助金が最大45万円

エコリフォーム最大30万円+耐震リフォーム一律15万円=最大45万円

「エコリフォーム」の支援制度が始まりました。補助金は最大45万円。
家を暖かくしたい!トイレやお風呂を新しくしたい!とお考えのみなさまにグッドニュースです。

よくわかる「エコリフォーム」補助金内容

エコリフォーム最大30万円

123のいずれかひとつ以上のリフォームが必須です。※1~4を合計して、一戸あたり最大30万円。

1開口部の断熱リフォーム 3000円~2万5000円×施工箇所 A.ガラス交換 既存サッシを利用して、複層ガラスに変更 ■大(1.4m2以上)1枚あたり8000円 ■中(0.8m2以上1.4m2未満)1枚あたり5000円 ■小(0.1m2以上0.8m2未満)1枚あたり3000円
B.内窓設置 C.外窓交換 B内窓設置。C新しい断熱窓を取り付け ■大(2.8m2以上)1箇所あたり2万円 ■中(1.6m2以上2.8m2未満)1箇所あたり1万4000円 ■小(0.2m2以上1.6m2未満)1箇所あたり8000円 D.ドア交換 古いドア・引戸を新しいドア・引戸に交換 ■大(開戸1.8m2以上、引戸3.0m2以上)1箇所あたり2万5000円 ■小(開戸1.0m2以上1.8m2未満、引戸1.0m2以上3.0m2未満)1箇所あたり2万円
2外壁、屋根・天井または床の断熱リフォーム 最大21万6000円 最低使用量以上の断熱材を用いるリフォームが対象。外壁、屋根・天井または床の部位ごとに、下記金額を補助 外壁12万円 屋根・天井3万6000円 床6万円 部分断熱の場合、上記の半分の金額となります。
3設備エコフォーム(下記5種のエコ住宅設備のうち3種類以上設置が条件)ひとつにつき3000~2万4000円。設置台数によらず、リフォームを行った設備の種類に応じた金額で補助します。節水型トイレ2万4000円一定の節水機能等が確認されたトイレ 高断熱浴槽2万4000円一定の保湿機能等が確認された浴槽 高効率給湯機2万4000円エコキュート、エコジョーズ、エコフィール、エコウィル、ハイブリッド、給湯機等 太陽熱利用システム2万4000円一定の集熱機能等が確認された強制循環太陽利用システム 節湯水栓3000円手元止水機能や優先吐水機能、小流量吐水機能を有する水栓等

123のいずれかと併せて実施する場合は、下記4の工事等も対象となります。

4その他の工事 A.バリアフリーリフォーム、B.エコ住宅設備の設置、C.リフォーム瑕疵保険の加入、D.木造住宅の劣化対策リフォーム

A.バリアフリーリフォーム

1手すりの設置6000円浴室、トイレ、洗面質、居室、廊下、階段 2段差解消6000円浴室、トレイ、洗面室、居室、出入り口等 3廊下幅等の拡張 3万円通路、出入り口等 施工箇所に関わらず、リフォームを行った対象工事の種類に応じた金額を補助します。

B.エコ住宅設備の設置

補助金額は、3設備エコリフォームと同じです。※1もしくは2を実施する場合は、3の設備エコリフォームは3種類未満でも補助金の対象となります。

C.リフォーム瑕疵保険の加入

1契約当たり1万1000円 国土交通大臣が指定する住宅専門の保険法人(住宅瑕疵担保責任保険法人)が取り扱うリフォーム瑕疵保険に加入した場合。※123(4A、、B、D)並びに耐震リフォームが対象。

D.木造住宅の劣化対策リフォーム

■小屋裏喚起口設置(2箇所以上を設置)8000円 ■小屋裏点検口設置3000円 ■浴室のユニットバス設置3万円 ■洗面室の耐水性仕上げ8000円 ■土間コンクリート打設※12万円 ※基礎内周部の一面を厚さ60mm以上のコンクリートで覆う工事
■床下点検口設置3000円 ■外壁軸組等および土台の防腐防蟻措置2万円 住宅瑕疵担保責任保険法人が取り扱う「リフォーム瑕疵保険」に加入するものが対象です。施工箇所に関わらず、対象工事の種類に応じた金額を補助します。

耐震リフォーム一律15万円

※123のいずれかと併せて実施する場合のみ対象となります。昭和56年5月31日以前に着工された住宅で、現行の耐震基準適合させるリフォーム工事。屋根軽量化 基礎補強工事 筋かい工事

エコリフォーム+耐震リフォームで最大45万円

エコリフォームの要件

自宅リフォームであること。エコリフォーム後に耐震性を有すること※。

※新耐震基準(昭和56年6月1日に施行)または耐震改修促進法に基づく基準(平成18年)に適合しているもの。注意事項■123の補助金の合計が5万円以上。■1234-B(エコ住宅設備の設置)は、「住宅ストック循環支援事業」の事務局に登録された商品を使用したリフォームのみが対象で。■原則として、国の他の補助金制度とは併用不可です。但し、耐震リフォームについては併用可能な場合があります。

「エコリフォーム補助金」スケジュール

予算の消化状況に応じて締め切られますので、早めのリフォームをお勧めします

  • ①各営業所で異なりますので、各担当にお問い合わせください。
  • ②補助金は、住友林業ホームテックが補助金交付申請して、住宅ストック循環支援事業事務局が交付決定することにより、補助金の交付が可能になります。交付決定までは、確約されるものではありません。
  • 補助金は、補助金交付申請開始後でなおかつ工事完了報告後に、住友林業ホームテックよりお振り込みします。

住友林業のリフォームが家の各種診断を行います。

寒い家でガマンしないで!断熱・気密性を診断します

窓枠やガラスの状態、床下、天井裏、壁の断熱材などを細かく調査。見えない場所はサーモカメラを使って確認して、断熱・気密性を診断しています。

耐震診断

耐震性能が不安なら!耐震診断します

木造住宅の耐震性を診断。住友林業のリフォームが結果をもとに適切な耐震リフォームを提案。調査済みでもセカンドオピニオンとしてご利用ください。

耐震ホスピタル

戸建ても、マンションも、旧家も、暖かく省エネに

フリーコール0120-5-46109フリーコール0120-5-46109
営業時間9:15~17:30土・日曜日も営業(火・水曜日定休)
お問い合わせはこちら

PAGE TOP